治療のポイント 実技編


腕の痛みについて(ナソ治療1)

肘を脇から離しながらワインの瓶を持ってつごうとしている写真  腕が痛むという症状にも色々あって、例えば手首が痛む・肘が痛む・肩関節が痛むだけでなく、ある角度にした時だけが痛む・力を入れた時だけに痛む・何もしていないのにズキズキするに加えて、肘と手首が同時に痛むなど組み合わせになってくると、もう全ての解説はとてもできません。
 しかし、解剖学的に考えれば非常に当たり前のことなのですけど、腕が痛むという場合のほとんどは首・鎖骨・肩甲骨周囲の「上肢体」と言われる部分を治療するだけで回復させることができます。

 例えば上の写真ではワインですが「肘が痛くてビールをつぐこともできない」と訴えて来院される患者さんは多いものですけど、夜も眠れないほどの痛みでない限りは肘のことだけでビールを飲むのを諦めるはずがありませんよね(笑い)。

ひじを脇に付けて締め、ワインをつごうとしている写真  そんな時にはどうするかといえば、右の写真のように肘を脇に付けて「肘を締める」という状態にしてやれば痛みを感じていないはずです(これでビールが飲めるぞ、笑い)。これはフライパンを持つのが痛かったり荷物を持つ時に痛む場合など、無意識のうちに全員が行っていることです。

腕はなかなか故障しない?

 本当に肘そのものを傷めていたなら脇を締めようが空けていようが関係ないはずで、脇を締めて途端に痛みが消失するということは肘には原因がないという証拠です。腕というものは自由に動き回れるように設計されているため、しかも腕自体の重み以外は重力も掛からないので骨折でもしない限りは腕に痛みを感じたとしてもその部分に故障はないのです。パソコン時代の今はもう「タイピストの腱鞘炎」という話は聞かなくなりましたけど手首の痛みもそうですし、テニスエルボーや野球肘といわれるもの、五十肩といわれるものの大部分も肩甲骨周囲を治療するだけで症状は回復します。
 さてゴルフで地面を思い切り叩いてしまいました。その後に痛みが肘や肩関節に発生してきた時に自己流のマッサージをしたりリハビリと称して体操をするのでしょうけど、そんなもので回復しないのは当たり前で腕を振り回すのに一番大きな力を出していたのは胸や背中の筋肉であり、衝撃もダメージも胸や背中の筋肉の方が遥かに大きいからです。だから治療は背中を中心に行わなければならないのです。

肩甲骨の内側に配当部位の指を術者が当てている写真

どのような対応になっているか

 治療室では実際に患者さんに腕を痛みが出るように動かしてもらい、該当する治療箇所を強く押さえることで瞬間的に痛みが消失することを体験してもらっています。該当部位は概ね写真の通りで、肩甲骨内側の上から親指・人差し指・中指・薬指・小指の順番となり、肘や肩関節についてもこれを参考とします。つまり指の痛みや「断発指」という症状についても治療できるのです。

 また「朝だけ傷む」というような時間帯の限られた症状や痺れなどは、中枢神経関連のことが多いので下の写真のように首の付け根(鎖骨上窩)で、前から親指・人差し指・中指・薬指・小指の該当を目安に治療をします。実際の施術方法については別に解説します。

鎖骨上窩で首の付け根に該当の指を充てている写真

過信だけはしないで

 しかし、腕の全ての症状が腕の付け根から治癒できるわけではありません。野球肘でも軟骨が剥離してしまい「関節ネズミ」となってコロコロ動き回るようになってしまったものは除去をする必要がありますし、突き指や骨折もそれぞれの処置が必要です(別ページで解説)。また腕ではあまりないものの肉離れも専用の処置が必要です。けれど直接処置が必要なものはこれくらいなのですから、鍼灸治療というものは効果の期待が持てる治療法なのです。


治療ポイントあれこれのトップへ戻る   「にき鍼灸院」のトップページへ戻る