第8回 全国視覚障害者駅伝大会
2005年9月4日

リレー直前を力走する管理者と伴走者

昨年に引き続き びわこタイマーズ の主催による「第8回 全国視覚障害者駅伝大会」に参加させて頂きました。ページの下にはスタートとリレーの動画が見られるリンクもあります。

走り終えて伴走者と家族とで記念写真  今年は 妊娠から出産 という大きな行事があったので、 通っているスポーツクラブ でランニングマシンでの鍛錬はしたものの、ロードでの練習が全く出来ていなかったのでランナーとしての経験がほとんどない管理者にとっては意外な結果になりました。
 八月に全体練習会に誘ってもらい同じコースは走ったのですけど、この時はかなりの熱さにもかかわらず前半を調子よく走っていました。ところが、経験がないので水分補給の方法をあまり考えておらず、調子に任せてそのまま後半を走ると脱水症状を起こしてしまったのです。普段は選手にアドバイスをする立場なのに、反省です。
 これを教訓に本番では水分補給の体制は整えたものの、会場に着くなり「アンカーを頼んでいたけど都合でトップを走って欲しい」といわれて大慌て。応援の家族も時間を計算していましたし、身体をそのように合わせてきていたのでまだ居眠り状態から無理矢理起こすのが大変。
 アップで速く走りすぎたことと八月の練習でロードに不慣れだったことを考慮して、スタート直後を押さえたことが響き、昨年以上のタイムを最低条件にしていたものが逆に落ちてしまいました。
 満足感はありましたし、家族はなんとか応援に間に合って頑張って力走するお父さんの姿を子供にも見せられたので、全てのゲームがうまくいくばかりではないと次を誓うのでありました。

スタートのビデオ   リレーのビデオ


陸上競技の紹介へ戻る   スポーツコーナーのトップへ戻る   トップページへ戻る