ストレッチ体操をしよう(No.4)

長座をして前屈をしている写真   開脚をして前屈をしている写真

 座って行うストレッチの手始めは「柔軟体操」でお馴染み、左のように両足を揃えて延ばし身体を前へ倒しての前屈、右のように足を開いて片方ずつの前屈です。
 この段階で既に堅い人が多いですが、バウンド・ストレッチにすれば10%も柔らかくなるはずです。決して無理しないように・ゆっくり・大きく反動を付けてみてください。

開脚をして片足だけ膝を曲げ、伸ばしている足の側に前屈している写真   左のように開脚し、伸ばしている側の手で曲げている膝をつかみ曲げている側の手で伸ばしている足先をつかむように、身体をひねりながら前屈している写真

 左の写真は開脚して片足だけ膝を曲げ、伸ばしている足の側へ前屈している写真です。足を曲げる方向は写真のように内側だけでなく、外側に曲げるパターンがあってもいいですね。
 右は知らない人には写真でもちょっとわかりにくいかも知れません。左の写真状態、つまり右足は伸ばし左足は膝を曲げて内側に折っているから変形を始めます。曲げている足の膝を反対側の手(この場合は右手)でつかみ、左手で伸ばしている右足のつま先をつかむように身体をひねりながら前屈をします。反対側もやってください。
 必ずしも今までの順番通りでなくとも大まかな流れでストレッチを勧めていれば、腰に負担を掛けることもなく身体全体をひねることができるようになっています。

開脚して前屈の写真

 今度は単純明快です。開脚をしてそのまま一番広いスペースの中央へ前屈します。

足の裏同士をくっつけ、そのまま前屈の写真

 今度は足の裏同士をくっつけてできる限り開脚し、前屈もできる限り行います。
 しかし、このモデルさんは太極拳をされているらしいですが写真撮影を突然強制(おっとおねがい)して、この柔らかさにはビックリクリでした。



次のページへ   戻る