頭を悩ませています

 来月に本部での発表が控えているのですが、中身については早くから決定しているもののどうも組み立てがまとまらずに苦労しています。
 今の治療を説明するには入門させてもらった当時の相剋調整というものから修業時代に体験をした背部への多量の置鍼、そして陽谿から瀉法をすることで最後の症状をとっていたという体験が根本にあることを話さねばなりません。
 しかし、一人で臨床をするようになってから脉状により瞬間的に病態を把握する方向へと転換をしていますし、その中から瀉法鍼を使うようになったことなど、かなり複雑ですしビデオも交えたい。うーん、どうすればいいかなぁ。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。