イオンパンピング

 昨日の夕方のことですが、子供同士で暴れていたなら使い終わったアイロンがまだ熱い状態だったところへなだれ込んでしまい、左手は大したことなかったのですけど右大腿部内側に結構なやけどが娘にできてしまいました。
 医者へ行くほどでもないことは素人でも分かるのですが、大きな水ぶくれになって最初はかなり泣き叫んだようです。そして鍼灸院へ連れてきてもらった時も、甘えも出たのでしょうがまだ半分パニック状態。
 ふと思い出したのがイオンパンピング。ダイオードが入っているだけのクリップの付いたコードなのですけど、ある場所と別の場所をイオンを流すことで治療できるというものです。
 全身治療に関しては効果も疑問ですし積極的に使ったこともないのですが、やけどの場所にアルミホイルを張ってプラス側のクリップを付け、どこかの場所に置鍼をしてマイナスのクリップを付けたならやけどが劇的に回復すると師匠に教えてもらったことがあるので、今回もやってみました。
 結果は見事に痛みが短時間で消失し、娘も元気に夕食をしてバッチリ眠りました。今朝も元気に幼稚園へ出かけています。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です