ICレコーダー、その後

 今日はオープン例会のDVDをもう一枚コピーする作業があったのですけど、資料の袋を探してもらっていたならICレコーダーを導入した当時に色々と実験のために購入した接続コードが出てきました。
 これで抵抗入りコードと普通のコードの比較ができるということで、夕方にやってもらったなら市販されている抵抗入りコードでは全く音声が録音されない状態でした。ということは、アンプからのライン録音には普通のコードが今回のICレコーダーには適しているということです。
 ついでに判明したことですけど、録音レベルをオートにしておくとノイズを拾いまくるとのことで、これは内蔵マイクで会話の録音をすることが中心に設計されているためではないかと推測されます。マニュアルレベル設定で、対処できます。
 と自分で調べたように書いていますけど、実際には助手が全て実験してくれました。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です