漢方鍼医会での奇経治療30

 昨日の最後の患者さん、元々の主訴は頑固な頭痛でありこれは骨盤がずれて発生してくるもので、二年間くらい健康管理をしているのですけど最近は月に一度か二度感じるだけで好調でした。
 ところが年末の大掃除をしている途中から膝関節痛が発生してきたなら強烈になってしまい、半分もしゃがめないほどの痛みになっているので引きずられて頭痛も頻発していました。
 当然ながら今回は膝関節痛の治療を優先したのですけど、半分もしゃがめないような症状が一度で解消できるはずはなく歩きやすくなった程度です。そこで奇経治療の登場であり、見事に衝脈の反応がありましたから公孫へ専用鍼を5秒間だけ。痛みはあるもののもう少しで全部しゃがめそうになっていたので、次の経過が気になるところです。そしてこの患者さんにも自己治療の宿題を出すつもりです。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。