新型コロナウィルス、拡散を防ぐには

 新型コロナウィルスによる肺炎の騒ぎは、本日30日に中国とWHOで緊急事態宣言を出すかどうかについて緊急の会合をするというニュースがあります。
 そんなわざわざ会合をやり直さなくてもすでにパンデミック状態であり、2002年から2003年にかけてのサーズの患者数が公表値だけでも上回ってきていますし、死者数についても上回ること確実でしょうから、そして拡散範囲が世界中なのですからとっくの昔に緊急事態です。
 当時と一番違うところは人の行き来も情報量も、桁違いに高速で大量になっていることです。だから外へまず出さないように封鎖処置がされたのですけど、行き当たりばったりの処置なので収集がこれから大変です。わざわざ危険地帯へ足を踏み入れようという医療関係者も、ごくわずかでしょう。エボラの患者数と違いすぎます。
 一部にはウィルスが取り出せたので血清が製造できそうという話もありますけど、ウィルスの変化はものすごいのですから果たして薬ができた頃には次のステージになっているのではないでしょうか。鍼灸治療がどれくらい有効なのかはわかりませんけど、今は西洋医学の衛生を保つレベルが優先なのでお任せです。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。