WHO、やっと緊急事態宣言

 「やっぱり」というよりも「やっと」という感じで、WHOが新型コロナウィルスによる肺炎に対して緊急事態宣言を出しました。
 まだまだ状況把握が途中であり、特に対象国が中国なので情報が相当に不正確というか信頼できない状況がまず懸念されます。感染能力はインフルエンザ程度であり新型にしては致死率も低い部類のようですが、今後に毒性が強くなる化膿性もあり油断できません。ただ、北半球では冬の季節は終わりに近づいているので、ピークはさほど長くないとも考えられます。
 どうして治法の鍼灸院ごときがこれほどまでに強く避難し続けているかなのですけど、未然に防げていたはずの新型ウィルスを世界中にばらまいてしまった中国の態度に怒っているのです。また日本においても国内で広げないための態度が徹底されてこない。まぁさすがに国内においては、今からは徹底されるでしょうが・・・。
 そして大きく間違っている認識が、マスクをしていれば感染しないと思い込んでいる人が多いこと。マスクは感染を広げないためのものであり、感染しないためには手洗いとうがいしかありません。それからマスクをしていないときにくしゃみが出てしまうなら、手のひらで押さえるよりも腕を口に近づけて三角筋の付近でふさぐ方が、より効果的でつばの後始末をしなくても大丈夫になります。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。