あれっ、ていしんが洗濯物の中に

開業してから34年目なので白衣と一緒に洗濯物に出してしまった小道具は初めてではないものの、二木式奇経鍼を今朝はうっかり取り出し忘れて洗濯物の中へ。
あれだけ太さがあるものですから掴み忘れることはないと思っていたのですけど、朝一番の治療中に使おうとポケットへ右手を入れて見つからないのには焦りました。思い出してみれば小里式ていしんや鍼管が洗濯物に入っていたと思うのですけど、太さが全く違うのですよねねぇ。
銅のきれいな表面がくすんでしまっていないか心配したのですけど、大丈夫だったのでホッとしました。最近の使い方だとしっかり握っているので、水分はもう十分に触れていますからね。