腎経の流注

 腎経の流注は有線に始まり、然谷から太渓と上昇してきたところで、大鍾へと急に方向転換するとあります。ヘアピンカーブ以上の方向転換になります。
 これは「取穴書」を作成する中での検証合宿で。流注に従った時と逆らった時の軽擦をして脉状変化から既に確認しているのですけど、午前中最後の患者さんは太平への施術をしようとしてこの流注が明瞭に触れられました。
今さらですが、ビックリするほど急に方向転換していました。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です