オンラインでの講義を聞きながら

伝統鍼灸学会の沖縄大会の講義を仕事をしながらですから半分程度ですけど聞いていると、一番気になっていた会頭講演については沖縄盲学校のことがきちんと盛り込まれていて視覚障害者の鍼灸師が大勢いることをきちんと紹介してくれていました。抄録では沖縄唯一の養成施設のように書かれてありましたから、確認を入れておいたものです。
会長講演では物理的な身体にとどまらず様々なレベルが存在することを言われていたのですけど、ハイアーセルフのことを堂々と講義の中まで持ち込んでくる鍼灸師というのは実は驚きでした。スピリチュアルな修行もされている先生なのですけど、ご自分がチャネラーなのか聞いてみたいです。
あれやこれや考えながらの仕事や外を歩いていると、何故かハイアーセルフが関わってきてくれます。深い溝のある路地でご婦人とすれ違ったときに溝へ落ちてしまうイメージが差し込まれてきたのでここは注意深く歩いたのですけど、数分しない間にいつもの道なのに早く回りすぎてしまいやっぱり右足から転落してしまいました。自宅近くの場所でありいつも危険だと気をつけていたのに、一瞬での落下でした。けれどずっと身構えていたので、指に外傷ができただけで奇跡的なくらい軽症でした。

本日から沖縄大会が始まっています

第49回伝統鍼灸学会沖縄大会が、今朝からオンラインで開幕しています。沖縄の現地では新型コロナの沈静化から県内在住者に限って来場できるようになったのですが、8月時点では感染数が非常に高かったのでオールオンラインと一度決まったので、出かける準備をしていなかったならこの落ち着き方です。
それで結構ややこしい説明文しか送られてこなかったので事務局へ問い合わせをしたりなどはしましたが、今朝からズームへ入ることはできています。IOSのボイスオーバーでのコピーコマンド、こんなに便利でした。
アマゾンエコーへブルートゥースで飛ばして治療中に聞いているのですけど、音声はやはりクリアではないですね。フェイスタイムのリリースがもう少し早ければ切り替えられたところなのでしょうけど、アーカイブでまた見られますからじっくりとはその時に勉強させてもらいます。
でも、やっぱり視覚障害者にズームの様々な操作はハードルがありますね。私がオンライン講義が大嫌いなので、そう思えてしまうだけかもしれませんが…。

明日から沖縄大会ですが、どうやってオンラインへ入ろうか?

明日から伝統鍼灸学会・沖縄大会がオンラインで開催されるのですけど、ズームへ入るためのIDとパスワードが送られてきました。やはりこの時点で、視覚障害者にはちょっとハードルがという感じです。
特に私のようにiPhoneにしかズームアプリを入れていない場合、コピーとペーストを普段から使っていないとすぐできるものではありません。どうしてパスワードを含めたURLを送付してくれなかったかなぁ。有料のイベントですからオープンにはできないと言われればそれまでなのですけど、視覚障害者への配慮がやはり足りない。
今からでもURLで入れるアドレスの発行を、要望してみようかなぁ。
(追記)
事務局へ問い合わせたなら、すぐ返信をしてくれました。専用ページにさえ入ればあとはメールアドレスの入力だけで住むそうですけど、やっぱりパスワードのコピペは必要になります。急いでメーリングリストへ状況を報告しておきました。
それからボイスオーバーでのコピーコマンドは三本指で4回タップ、ペーストはローター項目から編集にして下方向のフリックでペーストを選べば比較的簡単にできるみたいです。

今回の緑内障6

今回の緑内障発作からは四日目、まだ若干頭がふらふらするのでスポーツプラザは自重というところですけどようやく元気が戻りつつあります。
といっても、もう少し倦怠感は抜けていないのであり仕事に隙間があるのがありがたかったりします。贅沢なことですね。
10月下旬がメーリングリストの突然のシステム管理者になってしまう準備と、伝統鍼灸学会の用事などが重なりすぎて疲れてしまい、一度緊張が切れてしまっています。そして11月は毎年予約数が落ちる時期でもあることからの本日なのですけど、元気が戻ってきたならもう少し予約数があってもいいかなぁ、なんて言うのはもっと贅沢ですね。

やっと15.6インチのXPパソコンが安定できました

先月に購入した15.6インチのテンキー付きという珍しいXPノート、ピカピカに光っているそうでビジネスのリースから戻ってきたばかりというのがわかります。XPのサポート切れのあともソフトを乗り換えられないというニーズに合わせて、ビジネス用にカスタマイズモデルとしてリースされていたのでしょう。
だからなのかはわかりませんけど、私がカルテ管理をするのにソフトを調整しようとしても癖が強すぎて四苦八苦していました。まさかリカバリしているのですからいきなりシステムが酷いダメージを持っているなど、ありえない話でしたから。キーボードの動作も、最終的にはファームウェアから変更することができませんでした。
そしてなんと言っても悩まされたのが、突然にフォーカスがずれてしまうこと。時にはインストール作業が中断されてしまうなど叩いてやろうかと思えることさえあったくらいであり、テストで打ち込みをしているカルテでも度々予期せぬ箇所へ入力されていたりで「使い物になるのかこれは」という感じでした。
段々とタッチパッドの感度が高すぎてご動作を起こしていることがわかってきましたから、Windows10ではそうしているようにタッチパッドを無効にしてやると動作が非常に安定しました。ブレイルスターとブレイルメモの完全連動が実現できなかったことだけ残念ですけど、これで予備が確保できました。

えっ「六甲おろし」は曲名ではなかったの?

今朝のラジオを聞いていて「えっ、あの歌は六甲おろしという曲名ではなかったの!!?」と、勝手に驚いていました。ジャイアンツの応援歌も3つ存在していて「闘魂こめて」は通称だそうで、タイガースの球団歌は正式には「阪神タイガースの歌」という曲名だそうです。
1971年からABCラジオで「おはようパーソナリティー中村鋭一です」が始まり、甲子園では流されていたもののあまり有名ではなかった歌を勝利のあくる朝に歌い続けていたなら番組の人気もあって大流行となり、1985年の日本一で一般にも広く知られるところとなったそうです。今でも国歌斉唱などといいながら、新型コロナが始まったときには様々な音楽家が自分の楽器を使って演奏されていたものはちょっと感動していました。
それで「六甲おろし」というのは通称であり、中村鋭一自身が命名したのか自然にそうなったかは定かではないものの、今さら「阪神タイガースの歌」ではないですよね。ちなみに作曲をした古関裕而さん、「滋賀県民の歌」も作曲されていて昨年に県庁の倉庫から楽譜が発見されて話題になっていました。

今回の緑内障5

今回の緑内障発作から三日目、昨日は午前中のみの仕事を終えたならおとなしく自宅で朝までほとんど布団の中で寝ていました。
今回は食欲が落ちないのでシチュー丼の昼食だけでは物足りないくらいだったのであり、夕食は鱈鍋だったのですけど娘と二人で食べていて野菜がもっとほしいと足していたりもしました。少し飲んでいました。
睡眠時間は十分なはずなのにいくらでも眠れてしまうのであり、真夜中日本地方をしてから数時間寝ていたのは回復を大幅に早めてくれたでしょう。昼休みも本地方をしたなら熟睡であり、本治法のあとで眠ることの大切さです。

今回の緑内障発作4

緑内障発作が収まっていないのであり頭がフラフラもしますから、本日の仕事は省エネモードでと思っていたのに、予約表に掻き落としがあって10時が4人になってしまいます。
6台のベッドが全て埋まってしまいましたから、さぁ大変。頭の中は回転するのですけど、急いで移動しようとすればフラフラしてきますからこちらも頭でブレーキを掛けねばなりません。
このアクセルとブレーキを同時に踏むような仕事でしたから一段落したなら一気に疲れてしまい、パソコンにカルテを打ち込んでいて居眠りになってしまいました。でも、頭がこれまた一気にスッキリしたのでもありました。

今回の緑内障発作3

昨日からの緑内障発作ですけど、頭痛と眼球の痛みがないので苦痛という点ではいつもより軽いのですけど、表現しがたい倦怠感というのがどうにもならない状態で、本日もまだ持続しています。
食欲はあり睡眠も取れたのですけど、今朝も布団の中でも倦怠感が強く、朝から本治法をして気分は回復しているのですが今回は倦怠感が抜けてくれません。
いつもならショック療法で水泳をしてというところなのですけど、体調が今ひとつのところでのスポーツプラザへ出入りするのは嫌われてしまうでしょうし、年齢も考えるとショック療法一辺倒はそろそろ考えものでしょうしね。

今回の緑内障発作2

それで今回の緑内障発作に対する治療ですが、腹心では内臓下垂の状態がすぐ触れられますし口の乾きが数日前から気になっていたということで、時邪を応用した切り分けツールも併用しながら脈診すると脾虚が有力です。
ナソで選経・選穴も確認しながら脾虚陰虚証で左の陰陵泉を用いることにしました。衛気の補法を呼吸法も併用しながら行うと、頭の中のカウントで3のタイミングで手応えが来始めましたからここから抜鍼していくと、ちょうどのタイミングで経絡がすごい勢いで流れ始めるのがわかりました。
午前中の最後にはまた倦怠感が強くなっていたので弁当を食べてから二度目の自己治療なのですけど、今度はわざと長く5まで抜鍼を待ってみるとほとんど響きがありません。脈状そのものはある程度変化しているのですけど、評価しづらい状態です。それで目標カウントを3にして手応えが来始めたところで抜針すると、経絡がすごい勢いで流れ始めて脈状も満足できるものになりました。
やはり手法というものは山登りの頂点に達する唯一のタイミングで抜鍼すべきであり、それは手応えが来始めたところから動作に入ってちょうどだと再確認です。術者がしっかり手応えを感じることそれ自体は大切なのでしょうけど、治療効果が最大になることとは別問題であることに気づいていない人があまりに多いというのは、ていしん治療の難しいところです。

今回の緑内障発作1

どうしても半年に一度ずつくらい発生してきて困らせてくれるのが、緑内障発作。すでに全盲になってしまったのですから眼圧などどうでもいいことなのに、時々暴れてくれます。
今回の発作は私にしては比較的小さな方で頭痛はなく気分が悪い程度なのですけど、それでも表現しがたい倦怠感で朝食は食べられず昼食が少なめでも身体が維持できていたりします。
ここでまたまた人体実験であり、朝と昼に二度の事故治療をしたのですがやはり呼吸法と合わせた手技のほうが響きがいいです。そして時間的な問題は頭の中でカウントをしてタイミングを図ること、手応えが出てきた時点から抜鍼動作に入ってちょうどくらいであることを再確認できました。

どうしても完全に動かすことまではできませんでした

先週末から大苦戦をしているリースから戻ってきた15.6インチのXPノート、XPには珍しく最初からブルートゥースが内蔵されているとはあるのですけどそれが見つからず、手持ちのUSBドングルのアダプタと専用ソフトを入れてもソフトから認識できません。
探索だけでもきちんと働いているのか確かめてみようと専用ソフトをアンインストールしたところ、あっさりブレイルメモ32を見つけて、パスキーを入れたならペアリングもできてしまいました。これは内蔵ブルートゥースがあるはずなのに見つからずもともとのソフトをアンインストールしてあり、ドングルを入れることでWindows標準のドライバが再構築された結果です。ややこしいですね。
「あれっ」ということで点字エディタのブレイルスターから外部ディスプレイを指定すると、これも接続できてしまいます。けれどブレイルメモ側を操作すると、とたんにプログラムがエラーになって落ちてしまいます。これはブルートゥースのバージョンの違いかと思ってUSBケーブルからの接続をして無事に動いたのですけど、これまたブレイルメモ側からの操作をするとプログラムが落ちてしまいます。
どうしてもこのパソコンでは制約があるらしく、点訳などの作業はやらないほうが無難のようです。それでもテプラは簡単に動くようにできたのですけどねぇ。

土曜日と日曜日の午後は…

昨夜は子供二人を連れて(手引してもらって)、彦根のしゃぶしゃぶ食べ放題にでかけていました。焼き肉と違って鍋なら多少は手伝えますし、自分の分は取ることができるのでこれはいいです。
それで阪神タイガースと巨人のクライマックスファーストステージをiPhoneのラジコで聞きながら移動していたのですが、18次になってしまいましたから満席でかなり待たなければと思っていたところすんなり入店することができてしまいました。
周囲からの声はお母さんと子どもたちの親子連ればかりであり、男性の声が殆ど聞こえてきません。そして本日にラーメン屋に勤務する患者さんと喋っていたなら、土曜日と日曜日の午後がいつもと違って暇だったとか。みんなテレビで野球観戦をしていて、タイガースが負けてしまったので外へ飲みに出ることなく閉じこもっていたようです。
関西としてはバァッファローズとタイガースの大阪ダービーをやはり期待していましたけど、なかなかうまく行かないものです。ちなみに私は昔からアンチジャイアンツでありアンチタイガースなのですけど…。

やっと修正できました

昨日にミスしてしまったネットサウンド講義のyoutubeミラーアップロードでのファイルミスですけど、今朝は無事に自分の動画の詳細ページへ入ることができたものの、うまく修正ができません。
「なんでやねん」という感じで、スクリーンリーダーが特殊な描画に対応できていません。いつの間にか同じ場所をぐるぐる回ってしまいますし、タブキーでの移動もおかしいです。タブキーでうまく移動できないということは、描画も悪いのでしょうが。
今朝も諦めかけたところで、やっと変更を保存できるボタンを見つけることができました。やれやれです。でも、youtubeからも毎回一定数の閲覧があるので、面倒この上ないのですけどミラーアップロードがやめられないのです。

貴重なブレイルスターは復活できましたが

それから先月に購入したビジネス向けにリースされていた珍しい15.6インチのXPノートのセットアップにも苦戦しているのですが、昨日はブルートゥースでなんとかブレイルスターを使えるようにと頑張っていたのにギブアップ。
それどころか最後に確認すると、スタートメニューからブレイルスターが起動できなくなっています。うんともすんとも言いません。せっかく貴重な起動ディスクを消費しながらもセットアップしたのにと.exeファイルを直セスえんたーしてみると、これは普通に起動しててくれました。どうやらチェックディスクの間にショートカットのリンクが切れてしまっただけのようです。
ということで、貴重な点字エディタのブレイルスターは復活はできました。けれどブルートゥースの方はまだどうにもなっていない漢字で、比較すると専用ソフトウェアとドングルがリンクしていません。もう一度やり直しであり、今月はあのパソコンにかかりっきりになるのかなぁ?

本日はお疲れモード、でもyoutubeの修正作業には苦戦中

先月は伝統鍼灸学会の学術大会が迫ってきていることからの様々な連絡や、滋賀県立盲学校同窓生を中心とするメーリングリストの引き継ぎを行うことになったりとパソコン仕事が煩雑で、かなり疲れてしまいましたから本日は休憩モードです。
とはいっても一日アニメを聞きながら寝ているというわけにも行かず、ネットサウンド講義のファイル51を収録して配信もしてきました。まさかネットサウンド講義が50を超えてくるなど、始めた当初は思いも付きませんでした。
そしてyoutubeへもミラーアップロードをしているのですけど、ここ最近はちょっとしたミス連発ということでyoutubeの修正作業はスクリーンリーダーでは非常に面倒なのです。今はプロ野球のクライマックスシリーズを聞きながらパソコンをしているのですけど、肝心の自分の動画一覧が表示されなくて困っているところです。

こんなものでしょうか

土曜日としては「もう少し人数があっても良かったんじゃないか」というところではありましたけど、11月と2月は季節調整値というのか例年患者数が減少する時期なので、これくらいだったかもしれません。
それで昼休みはランニングへでかけていたのですけど、時間を計算していたはずなのに午後の開始20分前には戻っていたのですけど、外で患者さんを待たせてしまいました。真冬になるとこれはまずいですから、反省せねばです。
そして問題児のXPパソコンをもう少しかまっていたかったところですが、結局の所ほとんどかまっていられないのでありました。最近はパソコン漬けで疲れてしまいましたから、こんなものでしょうか。

癖が強すぎるXPパソコンって、どうなの?

昨日は夕方の予約が早くに終わったので、癖の強いアマゾンから購入した15.6インチのテンキー付きという珍しいXPノートのセットアップの続きをしていました。
すでにカルテ管理そのものはできるようになっているので使おうと思えば使えるのではありますけど、メインでカルテ管理をするならいくつかその他のソフトも動かすことになるのでお決まりのセットアップは必須なのですが、これが癖が強すぎてプリンタドライバを組み込むだけで半時間もかかってしまいました。無線LANを無効にできませんし、ブルートゥースを内蔵しているようなのですが、うまくアクセスできません。
よくよく考えてみればビジネス用にカスタマイズされたものなので、見えない場所でいくつもプログラムが裏で動いているのでしょうから強引にこれらを停止させればいいわけです。こんな事を考えていると、本職のほうがおろそかになってしまいそうな…。
(追記)
昼休みの間にチェックディスクを走らせて不良セクタの修復などできる限りソフト的な対処をしたところ、あーら不思議なことに動作が軽くなり余計な裏で走っているものも極端に少なくなってしまいました。悩まされていたコントロールパネルでの意図しない動作もなくなり、扱いやすくおとなしくなってくれました。スタンバイから自動復帰するための項目がどうしても思い出せないのですけど、この動作もエンターキー一つで対処できるようにはなりました。

今週は、早い早い

今週は気がつくと「あれ、もう金曜日になっている」という感じです。祝日も一日入ってはいたのですけど、やたら早く感じています。
それもそのはず、伝統鍼灸学会関連の用件が立て続けに入ってきて処理しなければならない上に、メーリングリストのシステム管理者になったのですが引っ越しがスタートに遅れている人が多くて連絡と登録作業が必要であり、半分はパソコン仕事のような今週だからです。
さらにカルテ管理をさせるXPパソコンの残っていたセットアップ作業もついでなのでやっていると、XPのサポート切れ後も企業で使えるようにということでリースされていたものがついに中古市場で最後のお勤めに回ってきたという感じのモデルですから癖があまりに強く、昼休みは四苦八苦していたのでありました。

エクセル形式とカンマ区切り形式の続き

昨日のエクセル形式とカンマ区切り形式の話の続きになりますが、どうしてもスクリーンリーダーだとセルを一つずつ読み上げることが基本なのであり、表になっていることはわかるのですけど真四角のものばかりとは限らないので把握が困難だったりします。
このエクセルを企業に勤務して日常業務としている視覚障害者がいること、感心するばかりです。さらに関数を理解して使いこなしているのは、別世界の人に思えたりして…。
それで私ができるのはテキスト形式に変換して、一気に読み上げられるようにして閲覧することくらい。つまり、カンマ区切り形式の.CSVならなんとか扱えます。住所録ソフトなどで書き出したり取り込んだりと、データ交換には非常に便利な形式です。タブ区切りのSLYKというのもありますが、最近はあまり使われていないのかなぁ。

徐刺即抜での抜鍼タイミング

瀉法を行うには鍼を逆さに持つことに加えて即刺徐抜だと、これは臨床の中で必要に迫られて気づいたことでした。九鍼十二原篇に書かれてあるのですから、単純にこちらが忘れていただけのことではあったのですが…。
それでは補法をもっと効率的にするには徐刺即抜ということで、即抜については慣れたものですからいいのですけど徐刺の部分でもう二ヶ月も迷いに迷っています。
どうしても徐刺を意識すると時間が長くなりすぎて、ピークでの抜鍼ができなくなってしまいました。あれだけ腹部を用いて適切な長さがあることと、修練法として活用できていたのにです。そこで「腹部であれくらいのタイミングだったのだから」と頭の中で数字をカウントするようにしたなら、邪念が出なくなりタイミングもまたつかめるように戻ってきました。

エクセル形式とカンマ区切りテキスト

伝統鍼灸学会の会員へ経穴の使用頻度などのアンケートを取りたいという依頼があり、前の副会長からですから協力は当然として、視覚障害者にはどのような方法なら配布できるのかという相談が来ました。
なんと複雑なレイアウトのエクセルが届きました。これでは扱える人がほとんどいませんし、私もエクセルのままでは全く刃が立ちませんでした。けれどカンマ区切りのテキストファイルになる.CSVに変換して、これをメモ帳で開くなら中身はすんなり読めました。刷物も結構な量があるとは聞いていたのですけど、回答そのものは丸をつけていくだけということですからこれも数字で回答できます。
その返事をしたのですけど、パソコンのことが詳しくないということでエクセル形式とカンマ区切りテキストとの説明をやり直さねばならないようです。

横暴な歩き方、反省しています

明日が祝日なので、毎月の銀行への入金を一日前倒しして昼休みにでかけてきました。先日のiPhoneを水没させて買い直す羽目になったので、児童手当が入っていた分を振り替えたりと、結構複雑なことを頼んでしまいました。
それで昼休みを長く撮っていましたから南彦根駅の向こうのお店でちゃんぽんを食べようと足を伸ばしたのですけど、どうしたことかロープまで張ってあってお店が閉まっていました。コロナ騒動の中でもあれだけ流行っていましたから、閉店する理由があるわけないのですけど…。
それでビバシティへ戻って食べるしかなかったわけですが、いつもは通らない方の歩道を歩いてきたので南彦根駅へ戻るのにロータリーの真ん中を突っ切って歩いてしまう横暴なことを。
頭の中の地図を勝手に都合の良い解釈にしていたこと、鍼灸院へ戻ってから気づくのでありました。信号を完全に一つ、無視していたのでした。あれだったならそのまま横断歩道を渡ると、安全に戻れていたのに。

日本人のいいところ

2021年夏のいわゆる第5波が収束してから、その後は今までと同じ大都会で三桁程度を地方だと一桁と二桁を行ったり来たりする程度の状態だろうと予想していたのが劇的な数値の減少に、専門家という人たちも「わからない」と白幡です。
昨年はまだ耐えていたのに今年になって大爆発を起こしてしまった大阪も昨日は7、兵庫県2・京都府3・滋賀県1で、奈良県と和歌山県が0という近畿圏も劇的な減少になっていました。
「気持ち悪いくらい減少しているね」が最近の患者さんとの会話なのですけど、それでもまだマスクをきっちり付けているというのが日本人です。欧米ならとっくに大宴会をしてロックコンサートで騒いでいるところですけど、ここは日本人のいいところだと本当に思います。

昨夜は参りました2

それでiPhoneはお金はかかりましたけど同じ状態でまた使えるようになり自宅へ戻ってきたのですが、勝手に7万円もするカスタムグローブを注文していたので代引きでしたから受取拒否で変便しておいたことが伝わると、「どうして買ってくれなかった」のオンパレードです。
夏休みの勉強をすることで自宅前の練習用ネットを設置してもらったばかりであり、「中学生の間は消耗品以外は何も購入しない」という約束で付属の練習用具も買ってもらったのに、思い切り贅沢品ですから返品は当然です。というより、中学生で7万円のグローブというのが常軌を逸しています。
その後は「自分の貯金通帳にはどれれくらい残っているんだ」と、寝床までお仕掛けて音楽をかけて歌を歌っての妨害工作続きですから堪忍袋の緒が切れて、また暴力沙汰です。いつになったならこのワガママ、収まるのでしょう。芸能人のお金の感覚がない人たちは何度でもやらかしているので、お金のありがたさがわからないと治らないのでしょうが。